ルクルーゼの手入れ・・・私の失敗編

大切に使おう!と心して手に入れたルクルーゼのお鍋ですが、

十分なリサーチもできていず、こんな失敗もしました。

これから買おう・・・・使ってなかったのよね〜・・・・

そんなとき役立てる情報であればうれしいです。


●付属の黒ピン●

ルクルーゼのお鍋購入時についているフタと鍋の間の黒ピン。

私はこれから頻繁に使うのだからと捨ててしまいました。

実はこれ大切な役目を果たすのです。

本体とフタに隙間を作って通気をよくしてサビ予防です。

もしも私のように捨てたりなくしてしまったらフキンを一枚間に

はさんでサビ予防しましょう。


●鍋のフチの手入れ●

ルクルーゼのお鍋をきれいに洗っても、見逃しがちなのがフタの裏側と鍋のフチ。

鉄がむき出しになっている部分です。

洗って水気を完全にふき取ってオシマイ・・・

実はもしここで余裕があったら油を塗ってあげましょう。

サビを防止できるようです。

もし手遅れだったら市販のサビ取り剤でお手入れしてから実践してみましょう。


●漂白剤はタブー●

ルクルーゼに漂白剤はタブー。

これも知らないことでした。

栗の渋皮でずいぶんと色がついてしまったとき慌てて漂白剤使いました。

これ実はホーローの表面を削って光沢を失い傷めるのです。

色ジミは使い込んでいくうちについてしまうので財産と思うことにしましょう。
|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。