ルクルーゼの手入れ

ルクルーゼ(le creuset)は決して安いお買い物ではありません。


多くの人はよく考えて購入するのだと思います。
お料理しなくてもほしくなってしまうのではないでしょうか。
ルクルーゼはちょっと重たいけれどそれに勝る魅力があるのです。


ルクルーゼの鍋を大切に使い活躍させてあげなくてはもったいない!


たかが鍋と思わず、大切に扱いたいものです。
ルクルーゼのホーローはキズがつきやすく修復できないので要注意です。
私は愛しのルクルーゼには専用クレンザーをデパートで購入しました。

通常は普通の洗剤でいいのですが、ある時焦がしてしまい、
目の粗いタワシやスポンジを使う勇気がありませんでした。
ルクルーゼは大切なので雑に扱いたくない気持ちだったのです。


“もしもルクルーゼの鍋を焦がしてしまったら・・・・”


私は栗の渋皮煮で失敗しました。
これはアクもすごいしおすすめしません。

ルクルーゼの白いホーロー部分の色がどんよりしてしまい、
きれいな乳白色に戻るまでかなり大変でした。


ルクルーゼの鍋にまず水を張って重曹入れて放置します。
あとは洗い流すだけです。

ちょっとお値段の張るクレンザーとは思いましたが仕方がありません。

ルクルーゼちゃん大切に長くかわいがってあげたいものです。


“ルクルーゼのオーバルとキャセロールがほしい〜”



|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。